マーロウ的なあんな事こんな事
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --】 スポンサー広告
めもあある美術館」--
この題名を今まで何度思いかえしてみたことだろう。
5年周期ぐらいで、ふと思い出すことがあった。
小学校の時の国語の教科書に載っていた話--

家でしかられて外へ飛び出した「ぼく」は、夕日の射し込む路地裏の古道具屋片隅で、亡くなった祖母の描かれた油絵を見つける。
懐かしさにいっぱいになって、その絵を見ていると、のっぽの男が現れて、その絵を買って行ってしまう。
その男についていった「ぼく」は「めもあある美術館」に招待される。
「ぼく」がそこで見たものは...

--という内容。
何度も思い出すということは、小学生だった自分にとってよほど印象深い作品だったんだろう。
当時の小学校の教科書にしては、少々違った雰囲気を帯びた話だったからかもしれない。
いつになっても断片的な話の内容から、挿し絵の雰囲気、夕日にのびる影までいつまでも薄ぼんやりと覚えていた。

小学校を卒業してから30年以上経った先日、なんの拍子か家族の話題が国語の教科書の話になった。
その時にまた思い出したのが「めもあある美術館」の話だった。
「そういえば、お父さんが小学校の時の教科書にこんな話があったんだ」と話し始めたのだが、なにせうろ覚えのため、大まかにしか説明できず、もどかしい思いがつのるばかり。
そこで「ダメで元々」のつもりで検索サイトGoogleで検索したところ、記憶にあった「メモワール美術館」ではなく「めもあある美術館」と平仮名書きする題名であることが判明。
まさかヒットするとは思っていなかったので、これだけでもびっくりした。
改めて「めもあある美術館」と検索したところ、60件ほどのサイトにヒットした。
どうも中心に位置するのは、ずばり「めもあある美術館」というサイトらしい。
どきどきしながら、そのサイトのリンクをクリックした。

---
『めもあある美術館』のことを思い出してくださってどうもありがとう。
ずばり、あなたは小学生の頃、教科書に載っていたこのお話がもう一度読みたくてこのwebサイトにいらしたのでしょう?
あなたの前にも何人かが同じ目的でここに来られました。
『めもあある美術館』をもう一度読みたいあなた、みさきあてにメールをください。
あなたの夢はかないます。
---

表紙に書かれたこんなフレーズを目にして、びっくりしたのは確かだったが、その中には「やっぱり」という思いも確かにあった。
この作品に対して同じような思いを抱いている人がいるはずだという確信に近いものがあったように思う。
さっそく、みさきさんにメールを送った。--

こうして、今、まるで小学校の時の友達と再会したような思いで「めもあある美術館」を読むことができた。
---
懐かしい小学校の校舎と6年生の教室。
国語の授業中。
そこには先生の話は遠い彼方に置き去りにし、いつの間にか「めもあある美術館」の不思議な世界に迷い込んでしまっている自分がいる。
---

そんな様子を描いた絵が新たに私の美術館の中に展示されたような気がする。


作者の大井三重子さん(=ミステリー作家の故仁木悦子さん)
そして、みさきさんに感謝
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する
http://marlowe.blog16.fc2.com/tb.php/3-7631a77b
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 マーロウ的 all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。